結婚写真に撮られても大丈夫なお呼ばれドレスのマナー

結婚写真に撮られても大丈夫なお呼ばれドレスのマナー 結婚式や披露宴に参列するにあたってドレスを選ぶ際、結婚式場の雰囲気を読みつつ、季節やトレンドなども考慮する必要があるため、頭を抱えてしまう方もいるかもしれません。基本的なドレスのマナーを知り、適切なものを選ぶようにしましょう。

ゲストとして招かれた場合に着用するドレスとして選んではいけない色が白色です。結婚式での白色は花嫁だけの特別な色であるためです。また、白でなくともベージュや薄めの黄色といった色は、会場の照明具合や結婚写真の写り方などで色が飛んでしまい白く映ってしまうこともあるため注意しましょう。ボレロなどの羽織物も素材によっては白く映ってしまうことがあります。次になるべく避けたいのは黒色のドレスです。着回しが利く色ですが、小物まで黒に揃えてしまうとおめでたい場にふさわしくない印象を与えてしまう可能性があります。もし着る場合は、小物やバッグで差し色を加えて華やかさを演出するようにしましょう。

ドレスのデザインとして避ける必要があるのが、過度の露出があるタイプです。肩が極端に出ているデザインや、膝上10センチ以上のミニスカート、タイトすぎるスカートは人目に付き新婦よりも目立ってしまいます。ゆったりと落ち着いた印象を与える膝丈のドレスがおすすめです。肩の露出が気になるのであれば、羽織物などでカバーしましょう。

結婚式では身につける小物にも避けたいポイントがあります。まずアクセサリーですが、昼間の結婚式では光り物のアクセサリーは好ましくないとされています。理由は、結婚写真などのフラッシュでアクセサリーが反射してしまい、花嫁や周囲の人の写真映りに影響してしまう可能性があるためです。そのため結婚写真の撮影の際でも問題のない光を抑えるパールなどのシックなデザインが無難です。夜間の結婚式では逆に華やかなデザインのものがおすすめです。クリスタルやゴールドなどを上手く組み合わせて、コーディネートしましょう。バッグは、ヒョウ柄やファー素材は殺生を連想するため避けます。ビニールなどのカジュアルすぎるデザインも結婚式の場では相応しくありません。またアクセサリーと同じく結婚写真での反射を避けるため、スパンコールなど光の反射が強いものは注意しましょう。靴は、つま先の隠れるパンプスが基本となります。3センチ以上のヒールなら、足のラインが綺麗に見えます。事前にドレスコードを確認し、花嫁の門出を祝いましょう。

最新ニュース